本文へスキップ

      Kanda Notary Office

最寄駅はJR「神田」「新日本橋」、東京メトロ銀座線「神田」「三越前」

TEL. 03-3256-4758

尊厳死宣言公正証書についてHEADLINE

 尊厳死(回復の見込みのない末期症状の患者に対して、生命維持治療を差し控え又
は中止し、人間としての尊厳を保たせつつ、死を迎えさせること)は、現代の延命治療
技術がもたらした過剰な延命治療を差し控え、又は中止し、死期の引き延ばしを止める
ことですが、患者の自己決定権が重視されるようになり、許されるものとされるように
なりました。しかし、殺人罪等の刑事問題もあることから、きちんとした書類を作成し
ておかないと、医療関係者等が患者の意思を尊厳してくれない場合もあります。そのた
め、元気なうちに、自己の意思を公正証書として明確にしておくことが必要です。   この場合には、次のような公正証書が作成されますので参考にしてください。


一般的な尊厳死の内容

尊厳死宣言公正証書

第1条  私○○○は、私が将来病気に罹り、それが不治であり、かつ、死期が迫って
    いる場合に備えて、私の家族及び私の医療に携わっている方々に以下の要望を
    宣言します。

  1  私の疾病が現在の医学では不治の状態に陥り、既に死期が迫っていると担当
    医を含む2名以上の医師により診断された場合には、死期を延ばすためだけの
    延命措置は一切行わないでください。
  2  しかし、私の苦痛を和らげる処置は最大限に実施してください。そのため
    に、麻薬などの副作用により死亡時期が早まったとしてもかまいません。


第2条  この証書の作成に当たっては、あらかじめ私の家族である次の者の了承を得
    ております。
   妻  ○ ○ ○
        昭和  年  月  日生
   長男 ○ ○ ○ 
        昭和  年  月  日生
   長女 ○ ○ ○ 
        昭和  年  月  日生
    私に前条記載の症状が発生したときは、医師も家族も私の意思に従い、私が
   人間として尊厳を保った安らかな死を迎えることができるよう御配慮ください。

第3条  私のこの宣言による要望を忠実に果たしてくださる方々に深く感謝申し上げ
   ます。そして、その方々が私の要望に従ってされた行為の一切の責任は、私自身
   にあります。警察、検察の関係者におかれましては、私の家族や医師が私の意思
   に沿った行動を執ったことにより、これらの者を犯罪捜査や訴追の対象とするこ
   とのないよう特にお願いします。

第4条  この宣言は、私の精神が健全な状態にあるときにしたものであります。した
   がって、私の精神が健全な状態にあるときに私自身が撤回しない限り、その効力
   を持続するものであることを明らかにしておきます。



神田公証役場

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-9-4 KYYビル3階

TEL 03-3256-4758
FAX 03-3256-1200