本文へスキップ

      Kanda Notary Office

最寄駅はJR「神田」「新日本橋」、東京メトロ銀座線「神田」「三越前」

TEL. 03-3256-4758

紙の定款(書面による)の手続についてHEADLINE

【手続の流れ】
 
1.定款を作成後、事前にFAX、メールまたはご持参していただき、公証人の内
   容確認を受ける。
 2.公証人が内容確認後、電話にて連絡いたします。
 3.必要書類と、手数料をご持参のうえ、役場におこしください。


準備いただく書類
 
 発起人本人が手続きに来られる場合
 @ 定款 3通 (内訳 役場保存原本用1通・会社保存原本用1通・
             謄本用(登記申請用)1通⇒
必要ない場合は無くてもよい。後日作成可能)
   
※ 定款は、発起人(又は社員・設立者)全員に、定款の各ページの間に実印で割印(契印)をし
    ていただくか袋とじにして綴じ目に実印で割印(契印)をしてください。
 
 A 印鑑登録証明書(3か月以内に発行されたもの)
  【発起人等が法人の場合】
   ・会社の代表印の印鑑証明書 + 登記簿謄本
(各々3か月以内に発行されたもの。
                               目的の確認をします。)

 
  【発起人等が外国人の場合で印鑑登録がないとき】
   ・サインについての証明書
  【発起人等が外国法人の場合】
   ・会社の代表印の印鑑証明書に代わるもの⇒ サインについての証明書
   ・登記簿謄本に代わるもの⇒(適法に設立された)会社の存在、代表者が明確
                にされた公的機関よりの証明書類


  B 収入印紙 40,000円分 (株式会社のみ・役場保存原本に貼付)
  C 社員資格に制限のある税理士法人・司法書士法人・行政書士法人・土地家屋調
   査士法人・社会保険労務士法人・弁護士法人等の定款については、各社員につい
   てそれぞれ資格証明書の提示が必要となります。


 複数発起人がいて、そのうちの一人が代表して手続きをする場合
  上記@、A(発起人全員分)、Bに同じ
 C 委任状 (手続きに来ない発起人全員分)
 ・ 発起人本人の実印を押したもの(外国人の場合で印鑑登録がないときは、委任状
  は署名(サイン)でよく、サインについての証明書を持参してください)
 ・ 外国文には日本語訳をお願いします


 発起人以外の代理人が手続きされる場合
  上記@、A(発起人全員分)、B、Cに同じ
 D 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、障害者手帳、在留カード/特別
  永住者証明書など写真付の公的身分証明書のいずれか1点(健康保険証、社員証は
  不可)

認証手数料(手数料は全て非課税です。)
  定款認証 50,000円 +  謄本 250円 × 用紙の枚数
  (役場保存原本・会社保存原本)

 

神田公証役場

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-9-4 KYYビル3階

TEL 03-3256-4758
FAX 03-3256-1200